【現地レポ】東福寺の紅葉|見頃、見どころと紅葉時期の混雑回避の方法

東福寺の紅葉(京都)

東福寺とは?

tsuuten-koyo016
東福寺は京都を代表する紅葉の名所で、京都五山のひとつ。
南禅寺天龍寺、相国寺、建仁寺、万寿寺)

gaun-koyo007
紅葉の見ごろを迎える11月は、東福寺の年間参拝者数の半分である”約40万人”が訪れます。凄い混雑ですが、それでも訪れる価値充分の素晴らしい紅葉を見れます。

東福寺の紅葉 例年の見頃・混雑度は?

東福寺の紅葉の見頃や混雑度
例年の見頃 11月中旬~11月下旬
混雑度 ★★★★★(激混み)

ポイント 紅葉ピーク時はとんでもない混雑になるので、混雑を回避したいなら「朝一番」がオススメ(後ほど紹介)
最新情報(公式サイト) 東福寺 公式サイト

東福寺の紅葉見どころ・紅葉写真

東福寺は、世界遺産でもある奈良の「東大寺」「興福寺」から1字ずつ取って、「東福寺」という名前になったとか。

tofukuji2-koyo010
室町時代の東福寺は、境内にたくさんの桜が植えられていたそうです。
しかし、

「桜があるとお花見、遊びの場になるんじゃ?」
「修行の妨げになるかも・・」
そんな理由で境内の桜を全て伐採。
その代わりにカエデを植えたと伝わっているそうです。

gaun-koyo019
そんなこんなで東福寺には約2000本ものモミジが植えられているとか。

この2000本もの紅葉が秋になると非日常な景色を作り出します。
境内の全域に紅葉がありますが、代表的な東福寺の紅葉の見どころを紹介します。

紅葉写真1:臥雲橋(がうんきょう)からの景色

tohukuji002
東福寺駅から東福寺に向かう際に通る
一般道でもある臥雲橋がうんきょう。東福寺三名橋のひとつでもあります。

東福寺三名橋
・偃月橋(えんげつきょう)
・通天橋(つうてんきょう)
・臥雲橋(がうんきょう)

gaun-koyo011
実はここ、地元の学生の通学にも使われる一般道。
この景色だけなら、拝観料を支払わなくても堪能できちゃいます。
普通に生活していると、これだけモミジが密集した景色はまず見れません。

gaun-koyo003
朝陽が当たってスケスケの紅葉。
皆さん一様に「うわぁぁ。キレイねぇぇ」と感嘆の声を漏らして、カメラを向けていました。

gaun-koyo007
まるで紅葉の海のようです。
ゼッケイ・・・

gaun-koyo010
紅葉の谷間に浮かび上がっているのが通天橋つうてんきょう。拝観料を支払って通ることができます。
(激混みですが・・)

gaun-koyo013
ちなみにここは安全性、混雑緩和の点から、2016年から原則「撮影禁止」になってしまいました。

gaun-koyo001
しかし朝の早い時間帯なら、警備員さんはいません。
&混雑していない時間帯なら見逃してくれてました・・^^
そんな観点からも、東福寺の紅葉は朝一をオススメします!

紅葉写真2:通天橋から眺める紅葉のゼッケイ

gaun-koyo022
先ほど臥雲橋から見えていた通天橋つうてんきょうからの景色。
雑誌などでも必ず取り上げられる「京都の紅葉」の代表的な景色。
40万人訪れるという皆さんのお目当ての景色もここです。

gaun-koyo020
臥雲橋から眺める通天橋。
絶景ですね・・・

tofukuji3-koyo006
ちなみに通天橋も、残念ながら2016年から混雑による安全面の危険性から撮影禁止に。
↑この混雑だと全く前に進まないので仕方ないですね・・。

tsuuten-koyo021
しっかりと目に焼き付けたいですね。

tofukuji-tuutenkyo002
紅葉時期以外の通天橋はこんな感じ↑

tofukuji-tuutenkyo006
写真撮り放題です^^
東福寺は初夏の青もみじもオススメです。

紅葉写真3:境内から見上げる通天橋

tsuuten-koyo007
境内から見上げる通天橋も素敵です。

tsuuten-koyo002
こうしてみるとかなり高い場所にありますね。

tsuuten-koyo006

紅葉写真4:境内の散り紅葉

tofukuji4-koyo001
東福寺は「散りもみじ」も美しいです。
12月上旬には散りもみじが真っ赤に染まります。

tofukuji4-koyo008
東福寺境内を流れる小川。

tofukuji4-koyo007
朝陽に当たった紅葉がキラキラと光って夢の世界にいるような気分。
気分はウッキウキですよ。

tofukuji4-koyo006
スケスケです。

紅葉写真5:通天橋の脇から眺める紅葉

tsuuten-koyo009
個人的に一番好きな景色は「通天橋」の脇から眺める紅葉。

tsuuten-koyo016
朝陽がまぶしぃぃ

tsuuten-koyo012
この辺は比較的、人も少なめなので紅葉を思う存分たのしめます^^

紅葉写真6:三門周辺

tofukuji-koyo005
室町時代に建立された「三門」
禅宗のお寺としては最古の三門。
カッコイイです。

tofukuji-koyo006
三門周辺でも紅葉が楽しめます。

紅葉写真7:方丈庭園

tofukuji-teien005
2014年に国宝指定名勝となった「方丈庭園・八相の庭」

tofukuji-teien007
通天橋が見えるスポットがあります。

tofukuji-teien009
ここから眺める通天橋と紅葉もウツクシイです^^

紅葉写真8:龍吟庵(東福寺の塔頭)

ryoginan049
東福寺三名橋のひとつ偃月橋えんげつきょう

ryoginan048
この偃月橋周辺の紅葉がとっても美しかったです。

ryoginan055
白壁と紅葉。
映えますねぇ。

ryoginan057
偃月橋を渡った先に、東福寺の龍吟庵りょうぎんあんがあります。

ryoginan013
龍吟庵は、東福寺塔頭の第一位とされ、毎年秋限定で公開されています。
「現存する最古の方丈建築」として国宝にも指定されていますよ~。行かないと勿体ないです。

■龍吟庵(東福寺の塔頭)の紅葉現地レポはこちら↓

龍吟庵(東福寺の塔頭)の紅葉

【現地レポ】龍吟庵(東福寺塔頭)の紅葉&御朱印|見頃、見どころは?

混雑情報と混雑を避ける方法

tohukuji025
突然ですが・・・
あなたが東福寺の紅葉を見に行く「目的」はなんでしょうか??

・キレイな紅葉で心を癒されたーい
・インスタ映えする写真を撮りたーーい
・友達や恋人との関係を深めたーーい

人によって楽しみ方はあると思いますが、もし上記のような目的であれば、東福寺への参拝は絶対に「朝一番」をオススメします。

なぜなら・・
紅葉真っ盛りの「東福寺」はかなり混雑するからです。
どのくらい混雑するのか?こんな感じです!

tohukuji_konzatsu002
この写真は数年前の紅葉シーズンの東福寺の写真です。
これ、東福寺の境内ではありません・・

東福寺駅から東福寺へ向かう道がこの混雑。
まったく前に進めない状態です・・。

tohukuji_konzatsu001
いやぁ凄かった。

tohukuji_konzatsu005
やっと・・やっと東福寺についたと思ったら
今度は「通天橋の拝観チケット」購入の行例・・
なんとかチケットを購入し・・

P1130446
今度こそ、、
「通天橋からの紅葉が見れるぅ」と思ったら、、、
いざ橋を通り始めると混雑で人の頭しか見えない・・
次から次ぎへと人が押し寄せ、ゆっくり見る状況でもない。

こんな状態でした。
どの写真も写るのは人の頭と顔ばかり・・
心を癒したくて行ったのに逆に疲れた。。
そんな状況でした。
(2016年から臥雲橋・通天橋での写真撮影は禁止に。混雑具合はかなり緩和されています!)

tohukuji_konzatsu
写真に写る皆さんも厳しいお顔です・・
イライラして喧嘩するカップルも・・。

混雑を避ける方法1:8:30前に着くようにする

紅葉シーズンの東福寺の混雑の恐ろしさを身をもってしったわたくし・・
「東福寺に行く目的」を再確認。(紅葉に癒やされたい~)

次の日の朝に再チャレンジすることに。
今度は東福寺の開門時間(8:30)の少し前に着くようにしました。
すると・・・

P1130362
え・・・
昨日の混雑はいったい・・

tohukuji062
スーイスイ♪
止まることなく東福寺まで一直線♪

tohukuji063
昨日は混雑でゆっくり見るどころじゃありませんでしたが、(警備員の方に進んでくださーいと促されます^^)朝一番ならバッチし。

gaun-koyo015
人がいない通天橋。
朝陽があたる紅葉がきれいでした。
(この時は写真撮影OK)

tohukuji_konzatsu009
拝観券も並ぶことなくサクッとゲット。

tohukuji054
受付終了の16時前、閉門前の時間帯も比較的空いていますが、朝陽がちょうど差し込んでくる時間帯の紅葉がオススメです^^

結論
(紅葉ピーク時の週末は特に)東福寺の開門は8:30からなので、余裕をもって8:30前に到着して開門を待つくらいがベスト!

混雑を避ける方法2:早朝に臥雲橋(がうんきょう)から眺める

tohukuji002
記事内でもお伝えしましたが臥雲橋は地元の方も生活で使う一般道。
早朝であれば、東福寺の開門時間関係なく紅葉を楽しめます。

gaun-koyo011
まだ誰も通ってない通天橋をみることができます。

「どうしても所要時間があまり取れない」
「高速バスで早朝につくけど拝観時間までヒマ・・」

そんな方は臥雲橋からの景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(ご迷惑にならないように)

東福寺のライトアップはある?

syourinji006
東福寺自体は夜間ライトアップは行っていませんが、
東福寺の塔頭である天徳院(徒歩すぐ)・勝林寺(徒歩10分)ではライトアップが行われています。

東福寺のアクセス・情報

東福寺(京都市左京区)のアクセス
住所 京都府京都市東山区本町15−778
拝観時間 8:30-16:30受付終了
拝観料 通天橋・開山堂(400円)、方丈八相庭園(400円)
アクセス 【市バスの場合】「東福寺前」下車 徒歩約5分
【電車】地下鉄東西線「東山」駅から徒歩 約8分
京阪「祇園四条」駅から徒歩 約10分
阪急「河原町」駅から徒歩 約15分

■東福寺の駐車場情報
東福寺では2018年10月25日~12月9日まで駐車場を閉鎖しているそうです。
近隣の有料駐車場も少なめなので公共交通機関の利用がオススメです。

東福寺の御朱印情報

tofukuji-gosyuin
東福寺には紅葉シーズン限定の御朱印があります。

御朱印情報
御朱印 あり(紅葉シーズンは書き置きのみ)
料金(志納料・初穂料) 300円
授与場所

御朱印は単なる「記念スタンプ」でも、「お土産」でもありません。マナーを無視した行動はトラブルの原因にも。初心者の方はまず、御朱印の始め方や・最低限のマナーを知ってから頂くとより一層御朱印が楽しめます^^
初心者のための御朱印ガイド

【周辺紅葉マップ】東福寺周辺の紅葉名所


紅葉時期の京都はバスの混雑がスゴイ・・(汗)
できるだけ移動距離を少なくして、エリア別に徒歩などで攻めるのが効率的です!

gaun-koyo007
(写真:東福寺の紅葉)

【京都】東福寺周辺の紅葉名所まとめ
東福寺
光明院(東福寺塔頭)
龍吟庵(東福寺塔頭)
勝林寺(東福寺塔頭)*ライトアップ有
・天徳院(東福寺塔頭)
泉涌寺
今熊野観音寺
・雲龍院 *ライトアップ有
伏見稲荷大社

■東福寺周辺の紅葉名所9選はこちら↓

塔頭 龍吟庵の紅葉(東福寺と隣接)

ryoginan057
京都府京都市東山区にある東福寺の塔頭、龍吟庵(りょうぎんあん)
東福寺の偃月橋(えんげつきょう)を渡った先にあります。
東福寺塔頭の第一位とされ、毎年秋限定で公開されています。

ryoginan013
「現存する最古の方丈建築」として国宝にも指定されていますよ~

■龍吟庵の写真満載の紅葉現地レポはこちら↓

龍吟庵(東福寺の塔頭)の紅葉

【現地レポ】龍吟庵(東福寺塔頭)の紅葉&御朱印|見頃、見どころは?

塔頭 勝林寺の紅葉(東福寺から徒歩15分)

syourinji005
東福寺の塔頭、勝林寺(しょうりんじ)
東福寺の鬼門にあたる場所にあり、北方の守護神、毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」とも呼ばれるそうです。

syourinji006
秋の特別拝観としてライトアップも行っています。
定期的に新しい御朱印を頂けるので御朱印ガールに大人気。
秋限定の御朱印も。

■勝林寺の写真満載の紅葉現地レポはこちら↓

勝林寺(東福寺塔頭)の紅葉

勝林寺(東福寺塔頭)の紅葉|紅葉の見頃、ライトアップ

塔頭 光明院の紅葉(東福寺から徒歩すぐ)

koumyouin006
光明院(こうみょういん)は
室町時代の1391年に建てられた東福寺の塔頭(たっちゅう)

「波心の庭(はしんのにわ)」と呼ばれる庭園と
庭園周辺で色づく紅葉が美しく心が癒されます・・。

koumyouin013
東福寺の塔頭(たっちゅう)ではありますが、
東福寺の喧騒からはうって変わって静かな時間を過ごせます。
個人的には超オススメです。

■光明院の写真満載の紅葉現地レポはこちら↓

光明院(東福寺塔頭)の紅葉

【現地レポ】光明院(京都,東福寺の塔頭)の紅葉|紅葉の見頃、見どころ情報

まとめ

紅葉シーズンの東福寺は絶対に朝一番がオススメ
朝に行けないなら混雑で待つ可能性があるので、所要時間は余裕を持って・・・。




紅葉めぐりバスツアーもある
京都の紅葉を見に行きたいけど、気軽に行けない方の為に、
紅葉名所めぐりのバスツアーなんてのもあります。

・運転が苦手・・
・友人とワイワイ行きたい
・電車だと乗り換えが大変そう

そんな方はバスツアーを利用するのもありかも^^

クラブツーリズム
(行きたいお寺・紅葉名所などを検索してみてください)


紅葉と一緒に御朱印めぐりもしたい方はこちら↓
京都の人気の御朱印
【御朱印(京都版)】まとめはこちら↓


京都の人気の御朱印帳
【御朱印帳(京都版)】まとめはこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です