【現地レポ】安楽寺(京都)の紅葉|境内の穴場カフェで休憩できる紅葉名所

安楽寺(京都)の紅葉

安楽寺とは?

安楽寺の紅葉
京都市左京区にある浄土宗のお寺安楽寺あんらくじ
通称「松虫鈴虫寺」とも。

anrakuji_kyoto021
秋の紅葉シーズンは一般公開され、庭園や本堂を拝観できます。
茅葺き屋根の山門前まで続く石段・紅葉が有名です。
一般公開時期のみカフェになる「椛momiji」は絶好の休憩スポット。

安楽寺の紅葉 例年の見頃・混雑度は?

安楽寺の紅葉の見頃や混雑度
例年の見頃 11月中旬~12月上旬
混雑度 ★★
ポイント 比較的観光客も少なく穴場。(門の前は写真を撮る人がいます^^)
最新情報(公式サイト) 安楽寺 公式サイト

安楽寺の紅葉見どころ・現地の写真

もみじに覆われた石段


安楽寺は山門前の石段と紅葉が有名です。
住宅街に突如現れる「紅葉の絶景」に、多くの人が足を止めて写真を撮っています^^

 

 

安楽寺の紅葉
風情あるかやぶき屋根の「山門」


紅葉が散る時期になると石段が真っ赤になるとか。


上から見るとこんな感じです。
上からも良い~


この山門でのんびりと記念撮影と行きたいところですが、、


山門の額縁紅葉を撮りたい人たちの「無言の圧」が上からも下からもあり、なかなか厳しいかも・・(笑)朝早くなら良いかもですね。

anrakuji_kyoto026

境内・本堂の紅葉

anrakuji_kyoto007
拝観料500円を払って境内へ。
境内の中は南禅寺・永観堂といった近くの紅葉名所に比べれば静かに過ごせます。


皮膚病などにご利益があるとされている「くさの地蔵」
毎月2日には「地蔵縁日」が行われています。


手水鉢がハート型!


かわいい・・

お堂と紅葉


お堂の中で、お坊さんによる安楽寺の由来・松虫姫・鈴虫姫のストーリーを話していただきました。


後鳥羽ごとば上皇の女官だった松虫・鈴虫姫ゆかりのお寺、

縁側と額縁紅葉

anrakuji_kyoto014
縁側に座ってぼーっと眺める庭と紅葉。
秋限定の景色です。

 

anrakuji_kyoto010
あぁ。。
老後はこういう所に住んでのんびりしたい・・
コーヒー片手に縁側で読書・・
なんて想像しただけで鼻血ブーですよ。


瑠璃光院のように机に映り込む紅葉も。

贅沢すぎる・・紅葉を眺めながらの休憩

 


特別拝観期間には、カフェがオープン!

anrakuji_kyoto024
哲学の道の散策で少し歩いていたので迷わず休憩です。
ラッキーな事に、誰もいなかったので窓際のふかふか椅子に座らせていただきました。

anrakuji_kyoto020
コーヒーと・・

anrakuji_kyoto021
モミジが添えられたおまんじゅう!
か、かわいい・・!!

anrakuji_kyoto022
まったりと抹茶も頂いちゃいました。

anrakuji_kyoto019
紅葉を眺めながらの極上リラックスターイム。
紅葉シーズンでも落ち着いて休憩できる、オススメの休憩スポットです!

安楽寺の情報

安楽寺(京都市左京区)のアクセス
住所 〒606-8422 京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21
拝観時間 9:30~16:30
拝観料 500円
アクセス ・京都市営バス32系統「上宮ノ前町」下車徒歩5分
・京都市営バス急行100系統「法然院町」下車徒歩6分
など
御朱印

哲学の道も法然院も安楽寺からすぐ。
セットで訪れたいスポットです。

哲学の道沿いを北上すれば銀閣寺、
下っていけば南禅寺、永観堂と・・・迷わず紅葉名所めぐりができますよ。

安楽寺の御朱印情報


オリジナルの御朱印帳も素敵でした。

御朱印情報
御朱印 御朱印帳に記帳して頂ける(2019年時点)
料金(志納料・初穂料) 300円
授与場所 拝観受付先の御朱印所

御朱印は単なる「記念スタンプ」でも、「お土産」でもありません。マナーを無視した行動はトラブルの原因にも。初心者の方はまず、御朱印の始め方や・最低限のマナーを知ってから頂くとより一層御朱印が楽しめます^^
初心者のための御朱印ガイド

【周辺紅葉マップ】安楽寺周辺の紅葉名所


紅葉時期の京都はバスの混雑がスゴイ・・(汗)
できるだけ移動距離を少なくして、エリア別に徒歩やレンタサイクルなどで攻めるのが効率的です!

eikando-taho002
(写真:永観堂)
南禅寺・永観堂周辺には紅葉名所がズラリ。

南禅寺・永観堂周辺の紅葉名所
南禅寺
天授庵
・南禅院
永観堂
・銀閣寺
法然院
安楽寺
金戒光明寺
真如堂
・無鄰菴
哲学の道
・日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)
*「★」印はライトアップあり(例年の情報)

■南禅寺・永観堂周辺の紅葉名所情報はこちら↓

南禅寺周辺の紅葉名所

南禅寺・永観堂周辺の”12の紅葉名所”を紹介。見頃は?立ち寄りスポットは?

法然院(哲学の道沿い)

法然院の紅葉
「哲学の道」近くにあるお寺、法然院ほうねんいん
鎌倉時代初期に浄土宗を開いた法然ほうねんが修行していた地。


“心身を清める”とされる白い盛り砂と紅葉のコラボが素晴らしい法然院は、朝6時から参拝可能。運が良ければ紅葉を独占できます。茅葺屋根の山門越しに見る、鮮やかな紅葉は絵画のようです。

■法然院の写真満載の紅葉現地レポはこちら↓

法然院(京都市)の紅葉

【現地レポ】法然院の紅葉|早朝から紅葉を楽しめる名所。見頃、紅葉の見どころ。

哲学の道(安楽寺からすぐ)

tetsugaku002
琵琶湖から引いた疎水の流れに沿って
銀閣寺から熊野若王子神社まで続く約2kmの散策路。
日本の道100選に選ばれた旅行者にも地元の人にも人気の道です。

tetsugaku006
哲学者の西田幾多郎(にしだきたろう)
が思索にふけりながら毎日散歩した事が名前の由来だそうです。
周辺にはオシャレなカフェやショップもあり紅葉狩りがてらに楽しめます。

■哲学の道の紅葉現地レポはこちら↓

哲学の道の紅葉

哲学の道(京都)の紅葉|紅葉と見逃せない周辺の紅葉スポット

まとめ

境内にカフェがあり、穴場の休憩スポット「安楽寺」




紅葉めぐりバスツアーもある
京都の紅葉を見に行きたいけど、気軽に行けない方の為に、
紅葉名所めぐりのバスツアーなんてのもあります。

・運転が苦手・・
・友人とワイワイ行きたい
・電車だと乗り換えが大変そう

そんな方はバスツアーを利用するのもありかも^^

クラブツーリズム
(行きたいお寺・紅葉名所などを検索してみてください)


紅葉と一緒に御朱印めぐりもしたい方はこちら↓
京都の人気の御朱印
【御朱印(京都版)】まとめはこちら↓


京都の人気の御朱印帳
【御朱印帳(京都版)】まとめはこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です